粉ミルクの持ち運びはミルカーが便利

お金
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

本日の話題

粉ミルクの持ち運びどうしてますか?
我が家は粉ミルクを3回分
持ち運べるミルカーを
使ってます。
これがお得という話は
耳にするけれども、
どれだけお得になるのか、
せっかくなので
計算してみました。

粉ミルク3回分を運べるミルカー

ピジョン ミルカー

価格:718円
(2021/6/30 15:21時点)
感想(0件)

ミルカーとはピジョンさんの

粉ミルクを入れる容器

母乳の出がよくないこともあり、

生後4か月ごろからは

完全粉ミルクで育てています。

>>粉ミルクで育てて問題ない?

ちょっとしたお出かけならば

哺乳瓶にミルクを作って

出かけてしまうのですが、

長時間のお出かけ時には

粉ミルク持参が必須

そのため、

完全粉ミルクになったときに

ミルカーを購入しました。

ところで、

このミルカーに変わるものとして、

あらかじめ粉ミルクを個包装

にしているステックタイプ

粉ミルクがあることをご存じですか?

これ、割高なのですが、

どの程度割高が計算してみました。

ステックタイプは大缶の粉ミルクと比較すると1.8倍のコスト

ステックタイプと、

大缶タイプが売られている

和光堂さんの「はいはい」にて

比較しました。

和光堂 はいはい スティックパック

価格:517円
(2021/6/30 15:42時点)
感想(3件)

ステック1本で、

出来上がりが100mlになるように

あらかじめ必要な粉ミルクを

計って売られています。

1箱で10本入りなので、

1箱すべての粉ミルクを作ると

1,000mlの粉ミルク

作れることになります。

※和光堂 はいはい 810g 大缶

価格:1,780円
(2021/6/30 15:44時点)
感想(6件)

大缶はメーカーによって

容量がことなるのですが、

「はいはい」は

大缶1つで810g

粉ミルク20ml作るのに、

2.6gの粉が必要になります。

なので、

1缶で6,231mlの粉ミルク

作れることになります。

今回楽天でステックタイプの粉ミルクは

1箱¥517円

同じく、

大缶の粉ミルクは¥1,780円でした。

ステックタイプで大缶のミルクを

すべて賄おうとした場合、

6,231ml÷1000ml×¥517円 で\3,205。

粉ミルク大缶1個で¥1,780円なので、

¥3,205÷¥1,780で1.8倍

つまり、粉ミルク大缶とステックで比較すると、

ステックは1.8倍の値段

ピジョン ミルカー

価格:718円
(2021/6/30 15:21時点)
感想(0件)

ミルカーが718円なので、

この値段を考えると、

さっさとミルクで育てる人

ミルカーを買ってしまうのがお得

ミルカーは

1回分で粉ミルク250ml分の粉

持ち運ぶことできるので、

離乳食が始まった後も

容器に入らないなんてこともないです。

まとめ

今回は理系の”はむ”らしく、

数字で計算して

お得感を明らかにしてみました。

粉ミルクで育ててる人は

ミルカーを買う必要があることが

理解してもらえたらうれしいです。

また、”はむ”に聞いてみたいことがある方はコメントや、

Twitterからご連絡くださいね。

それでは~

関連記事

コメント