ダンス動画で手軽に汗を流そう

日常生活
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

本日の話題

出産によって体重が増えた人も多いのでは?
”はむ”もその一人。
でも0歳児がそばにいると
ジムに行けないし、
運動する機会がないって
なりますよね?
そこで、手軽にできる運動を
ご紹介します。
雨でランニングができない人にもおすすめです。

この記事がオススメな人
  • 手軽に運動で汗を流したい人
  • ランニングしたいけど、雨で走れてない人
  • 0歳児がいて、運動する機会が作れない人

産後に体重が増えた人は56%

”はむ”、世のお母さま方の半分くらいは
産後体重が増えたというデータがあったよ。

妊婦さんや、お母さんに向けて

アプリを提供している

ninaru babyさんが行った

統計データがあったので、

ご紹介します。

出典:ninaruポッケ

産後体重が増えた人は

56%もいるという。。

さらに、このデータでは

増えた人の約半数が

1~5kg増えたとも。

世のお母さまの半分は

体重増加に悩んでいる

いうことですね。

でも、お母さんが0歳時を

連れてジムに行ったり、

走ったりなんて

なかなかできないですよね。

世のお母さんと同じく、

”はむ”もランニングは

夫”とら”の出勤前の

朝活の時間しか

ありません

でも、ランニングで朝起きても、

梅雨入りした今は

雨のこと多々

そこで、自宅でも

天気に関係なく

そばに子供がいてもできる

運動を紹介したいと思います。

雨でもできるYoutubeのダンス動画

梅雨に入ってランニングいけてないけど、
”はむ”はどうやって運動してるの?
娘もいるし、日中は運動できないんじゃない?

ランニングにいけてないけど、
Youtubeのダンス動画で汗を流してるよ。

そもそもランニングによるダイエットを始めた理由は、

特にそろえるものがいらないから

ジャージにスニーカーがあれば

後必要なものは自分の身体だけ。

ダンス動画も同様です。

ダンス動画はさらに

ランニングよりも手軽です。

家なので、

起きたままその恰好でできます

実際、朝が強い”はむ”は起きて

5分もせずに、動画をつけ、

ダンスを開始してます。

【初心者向け】はむがはまっているダンス動画を紹介

痩せるエアロビ🔥【簡単なのにガチ滝汗!/しっかり動ける満足の1本】#210

16分で123キロカロリー消費できる動画です。

ごはんおちゃわん半分で100キロカロリー。

ちょっと食べ過ぎちゃったかもといったときに

手軽にカロリー消費できます。

この動画のよいところは2点。

  • 16分で123カロリーとカロリー消費が多い。
  • 飛び跳ねたりしないため、マンションでもOK。

短い時間でできること。

赤ちゃんの寝ている好きに、家事の隙間に16分なら

時間確保しやすくないですか?

次にこの動画は

飛び跳ねたりする動作は

最小限です。

飛び跳ねれないならば

どうしたらよいかといった指示もあります。

なので、マンションでも

下の住人に迷惑をかけるなんてことも

ありません。

でも、念のため

こどものプレイマットの

上でダンスしてます。

【中級者向け】はむがはまっているダンス動画を紹介

【公開!!/43分動画】圧倒的カロリー消費/超痩せるダンスでダイエット【自宅で出来るエアロビクス・フルレッスン】#112

40分を超える動画ですが、

ちょっとずつ動きを足し、

最後にダンスを組み合わせて

1つのダンスにして踊ります。

この動画が特によいところは2点。

  • 休憩が2回設けられている。
  • 飛び跳ねたりしないため、マンションでもOK。

途中2回水分休憩

用意されていること。

家でやっていても10分も動くと

汗がだらだら。

なので、適度な水分補給しないと倒れちゃう。

でも、この動画は途中で

水分補給をするタイミングを

設けてくれています。

次にこの動画は

初期者向けと同じく、

飛び跳ねたりする動作は

最小限です。

こちらの動画は

正直飛び跳ねるというよりは

サイドステップするくらい。

まとめ

産後、お母さんはこどものお世話に

追われて、自分のことは

二の次にしがち。

今回ご紹介したダンス動画なら、

こどもが寝ているうちに

さっとできるし、

特に道具が必要なわけでもない。

もし、ダンス動画中に

こどもに呼ばれても

動画を止めればよいですし、

40分の動画が長ければ短いものも

多数あるので、

そこからチャレンジしてもよし。

ハードルは低いので、

ぜひ、チャレンジしてみてくださいね。

”はむ”に聞いてみたいことがある方はコメントや、

Twitterからご連絡くださいね。

それでは~

コメント