無料で安全に使える家計簿アプリを紹介

お金
この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

本日の話題

前回(家計簿を3つのコツ)
引き続き、”はむ”家の
家計簿情報です。
今回は”はむ”が使ってきた無料の
家計簿アプリを2つ紹介します。
IT部門勤務の知識で
チェックしたアプリです。
家計簿アプリを探している人は
読んでみてください。

この記事がおすすめな人
  • 安心使える無料の家計簿アプリを探している人

”はむ”家の家計簿方針

  1. 家計簿を正確につけると疲れるので大雑把に
  2. 家計簿をつけるのに楽できるのならば楽にする
  3. アプリを使う場合、銀行口座やクレジットカードは連携しない

上の3つが”はむ”家の家計簿の方針です。

3つめはIT部門勤務の”はむ”らしい内容で、

気をつけないとお金がなくなる危険もある

から盛り込んでます。

「なんで?」と思う方は

↓リンクから読んでみてください。

>>はむ家の家計簿方針の詳細へ

ということで、

ここからは今まで利用してきた

2つの家計簿アプリのご紹介をします。

もちろん無料のツールです。

無料の家計簿アプリの紹介

”はむ”がご紹介する家計簿アプリは2つ。

~”はむ”が利用した無料の家計簿ツール~

  1. ZAIM
  2. 楽天カードに付属した家計簿アプリ

まずはZAIMさんから説明していきます。

1.ZAIM

ZAIMを選んだ理由は

口コミと、使いやすいさと、IT目線の3つから。

~ZAIMさんの評価~

  • スマホで写真を取ると、レシートから自動で家計簿に登録される
  • スマホ版のグラフ機能はいまいちだが、PC版のグラフは利用しやすい
  • ZAIMさんのデータの取り扱いは業界TOPクラスでセキュリティは強固

一つずつ解説していきますね。

スマホで写真を取ると、レシートから自動で家計簿に登録される

「家計簿をつけるのに楽できるのならば楽にする」

この方針に基づき、レシートで読み取り、

家計簿に自動で反映してくれる機能があります。

大雑把につける方針なので

レシートの中の詳細な買い物はいらないのですが、

日付や金額、店名を入れるのは面倒なので、

この機能があると助かりました。

ZAIMさんの公式HPから

レシート撮影のページから引用してきました。

レシート撮影で入力してみよう

Zaim では、レシートを読み取り、
簡単に家計簿に記録することができます。

一番下にあるタブから「記録」を押します。

さらに入力画面左上にあるカメラのマーク「レシート」を押してみましょう。

または、左にスワイプすることで、
レシート撮影画面を表示します。

レシートを平らな場所に置きます。
カメラをなるべく真上から 10 cm ほど離して、
画面下にあるカメラマークを押します。
暗い場合は左下のフラッシュのマークを押してオンにしてみてください。

しばらく待つと、解析結果の画面が表示されるので、
内容を確認して「記録する」という緑のボタンを押します。

これで記録は完了です!

出典:ZAIM公式HP

>>ZAIMさん公式HPにて詳細を確認する

実際に利用してみて、

写真で撮ったら明細まで反映される

優れもの。

長いレシートだって、

分けて撮影できる機能もついてます。

ただ、長いレシートは

写真を複数回撮らないといけないので、

面倒な私は総合計のみ自分で入力しちゃってました。

細かな記録がほしいっていう人には

長いレシートで自動で明細を家計簿に反映できるのは、

魅力的かもしれませんね。

スマホ版のグラフ機能はいまいちだが、PC版のグラフは利用しやすい

スマホで見るとグラフが1種類しかなく、

わかりにくいのですが、

PCでみると

カテゴリごとにグラフを作ってくれ、

非常に見やすいです。

今月どうったかなーなんて場合には

PCでZAIMさんにアクセスして

確認する運用にするとよいかもですね。

ZAIMさんのデータの取り扱いは業界TOPクラスでセキュリティは強固

IT部門勤務の”はむ”らしく、セキュリティのお話を。

~ZAIMさんのセキュリティに関する取り組み~

  1. 通信に最高水準の暗号方式を採用
  2. 情報を暗号化して保存
  3. アクセスに必要になる情報のみ保存
  4. 第三者認証機構の認定あり
  5. 定期的なセキュリティ教育
  6. 二段階認証や、パスコードロック&生体認証が利用できる
  7. 身に覚えのないログイン情報をチェックできる

>>ZAIMさんのセキュリティに関する取り組みを見る

1~5までZAIMさんのデータの取り扱いに関するもの。

簡単に説明すると、

  • データの送付や、受信時には暗号化されており、覗き見をされることがない
  • 保存されているデータは誰のデータかわからないように暗号化して、保存されている
  • 銀行やクレジットカードなどの情報をZAIMさんに連携するために必要なログイン情報のみ、ZAIM内に保存しており、銀行やクレジットカードなどの連携先のその他情報はZAIMに保存していない
  • セキュリティを徹底するためにZAIMさんは社内教育もしており、外部から問題なしと認定を受けている

という具合です。

で、それだけでなくて、

自分の何らかの不注意

ZAIMさんへのログイン情報が漏れた場合に

備えて用意されているのが6~7。

これは銀行口座や、クレジットカード情報を

連携していない人であっても必要な機能。

なので、もし、自分で家計簿に関わらず、

知られたくないような情報を保存する

アプリやサービスを利用する際は、

6.7にあるような二段階認証や、

生体認証があるか、チェックしてみてください。

話はそれましたが、

ZAIMさんのセキュリティは強固のもので

利用しても問題なしです。

2.楽天カードに付属した家計簿アプリ

楽天カードに付属した家計簿アプリを使ったのは、

メインのクレジットカードが楽天カードだから。

~楽天カードに付属した家計簿アプリの評価~

  • 安全にクレジットカードの明細が家計簿に登録できる
  • スマホで写真を取るとレシートから自動で家計簿に登録される。
  • グラフが見にくい

こちらも1つずつ説明していきますね。

安全にクレジットカードの明細が家計簿に登録できる

”はむ”家の方針の1つにある

「アプリを使う場合、

銀行口座やクレジットカードは連携しない」

これはむやみやたらに連携すると、

そこが穴になって攻撃を受ける

可能性があるから。

でも、はじめからクレジットカードに

付属している家計簿ならば、

連携する必要はなく、穴になりません

穴にならないなら、

クレジットカード情報から、

お買い物情報を家計簿に自動で登録できる。

ということで、

楽できることは楽しようと思い、

使うことにしました。

スマホで写真を取るとレシートから自動で家計簿に登録される。

ZAIMさんと同じく、

スマホでレシートの写真を撮ると、

自動で家計簿に登録されます。

長いレシートだって、

何回か写真を撮ることで

家計簿への登録可能です。

でも、これ使ってみて思ったのですが、

ZAIMさんより文字の読み取り率が低い

グラフが見にくい

スマホ、PC版とも週、月単位の推移は見れますが、

年単位の推移は見れません

そして、カテゴリごとの折れ線は

全体の支出の折れ線グラフと

一緒に表示されるため、

金額が少ないものは折れ線の折れ具合少なくなって、

変動状況がわかりにくい

”はむ”家では

光熱水費の変動がわかりにくすぎて

このグラフを使うのをやめました。

あと、楽天カードの家計簿アプリだからか、

楽天カードと現金の割合が棒グラフで表示されます。

でも、家計簿としては正直いらない。。。

たぶん楽天カードの割合を増やしてほしいから、

こんな棒グラフがあると思うんですけどね。

まとめ

”はむ”のまとめは↑の通り。

でも、”はむ”はこの2つの家計簿を使って、

自分の使いやすい家計簿を求めて、

GoogleFormで

カスタマイズした家計簿をつかってます。

>>GoogleFormの紹介をみてみる

家計簿に対して、

これがみたい、この項目がほしい

なんていう願望がある場合には

自分で作ってみるのもありです。

次回は”はむ”が作った家計簿をご紹介します。

”はむ”に聞いてみたいことがある方はコメントや、

Twitterからご連絡くださいね。

それでは~

関連記事

コメント