出産費用の補助金の受け取り方でお得になるよ

お金
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

本日の話題は

出産病院の決め方と病院情報取得方法について」で、
出産費用の補助金の受け取り方が複数あることを
軽く触れました。
今回はその話。
産院選びにもかかわってくるので、
要チェックやで。

この記事がオススメな人
  • 健康保険から支給される「出産育児金」の受け取り方が複数あることを知らない人。
  • 「出産育児金」の受け取り方によってはお得になる方法を知りたい人。

健康保険から支給される出産育児一時金

そもそも出産育児金って何?

出産育児金とは健康保険から
支給される出産費用だよ。
こども一人につき42万、非課税なので、
税金で引かれることなく満額もらえるよ。

出産育児一時金とは

出産費用を健康保険が出してくれるというもの。

妊娠4ヶ月以上で出産すると、

出産費用に関係なく

こども一人につき42万、非課税でもらえるので、

税金で引かれることもなく、

42万満額もらえます。

ただし、

産科医療補償制度に加入していない産院や、

22週未満で出産した場合は

42万ではなく、40.4万円

同じく非課税で満額もらえます。

産科医療補償制度とは、

お産によって重度脳性麻痺となった

赤ちゃんとそのご家族のことを考えた補償制度。

お産でなにかあった場合、

責任は誰にあったかで裁判になり、

産院が過失を認めないと補償してくれないことも。

でも、この制度は産院に過失がなくても補償を受けられるがポイント。

気になる人は産科医療補償制度で調べてみてください。

その他、加入している健康保険によっては

「出産育児一時金」にプラスして

支給する健康保険もあるそう。

ご自身の加入する健康保険がどんな仕組みか、

チェックしてみてください。

ポイント1

2021年1月現在の情報

  • 妊娠4ヶ月以上で出産すると、「出産育児一時金」として、健康保険が出産費用を出してくれる。
  • 非課税で出産費用に関係なく、こども一人につき42万満額もらえる
  • 産科医療補償制度加算対象でない産院で出産した場合や、22週未満で出産した場合の支給額は42万ではなく、40.4万円に減額される。
  • 加入している健康保険によっては「出産育児一時金」にプラスして支給することもあるので、加入する健康保険の仕組みをチェック。

出産育児一時金を受け取り方

出産費用を出産育児一時金として
健康保険が補填してくれるんだね。
この一時金ってどうやって受け取るの?

病院に健康保険が直接支払ったり、
自分で支払ったりと
出産費用の受け取り方は3種類あるよ。
でも、制度が使えたり、
使えなかったり、
メリットもデメリットもあるので、
自分にあった受け取り方を選択すべきだね。

今回のテーマの

出産育児一時給付金の3種類の受け取り方の話です。

受け取り方は3つ。

~出産育児給付金の受け取り方~

  1. 直接支払制度
  2. 受取代理人制度
  3. 産後申請制度

一つずつ解説していきます。

直接支払制度のメリットとデメリット

産院に健康保険が直接出産費用を支払う方法が

直接支払制度です。

産院に健康保険が”直接”、”支払”うので、

この名前がついてます。

メリット
  • 産院と加入している健康保険がやりとりするため、本人は書類にサインするだけで手続きが終わる。
  • 出産育児給付金までで出産費用が収まる場合はキャッシュは全くいらない。
  • 出産育児給付金を超えた場合も超えた分だけ支払えばよい。
デメリット
  • 対応してない産院もある。
  • 事務費用を請求される場合もある。

受取代理制度のメリットとデメリット

産院が本人に代わり、

加入している健康保険から費用を受け取る方法。

本人の”代理”で産院が健康保険から

出産育児一時金を”受け取る”ので、

この名前がついています。

直接支払制度を導入していない

中小規模の産院で採用されてます。

メリット
  • 出産育児給付金までで出産費用が収まる場合はキャッシュは全くいらない。
  • 出産育児給付金を超えた場合も超えた分だけ支払えばよい。
デメリット
  • 出産予定日の前(およそ1~2ヶ月前)に健康保険などに事前申請を行う必要があり手間がかかる。
  • 救急搬送などにより、予定していた産院以外で出産することとなった場合には、別途諸手続きが必要

産後申請制度のメリットとデメリット

退院時に産院に費用を全額支払、

後日加入している健康保険に請求する方法。

出産後に健康保険に申請するので、

この名前がついてます。

メリット
  • クレジットカード払いに対応している産院ならば、高額な出産費用でポイントを貯められる

デメリット
  • 出産後に加入している健康保険に申請を出さなければならない。書類作成費用がかかることも。
  • 申請してから入金されるまで2.3ヶ月あるため、キャッシュが必要。(私個人の出産費用は80万を超えていました)

出産育児一時金の受け取り方、どれがお得?

”はむ”の主観でまとめてみました。

1が最も良いです。

点数をつけたところ

直接支払制度、産後申請制度が同点となりました。

この2つ違いはキャッシュ。

キャッシュがあれば産後申請制度を選ぶのもあり。

でも、

まずは安全なお産ができる産院を選び、

そのうえで

まだ選択肢があれば出産費用の支払方

産院を最終決定ですべき。

こどもや、妊婦さんの健康が第一ですから。

ポイント2
  • 出産費用の支払方は3種類。キャッシュがあればクレジットカードのポイントを貯める「産後申請制度」を利用するのもあり。
  • まずは安全なお産ができる産院を選び、その上で選択肢があれば出産費用の支払方で産院を決めるべき。

私が利用した制度

”はむ”はどの制度を利用したの?

「産後申請制度」を利用したよ。
クレジットカードで払って、
ポイントをGETしました。

”はむ”が出産した産院はそこそこ大きいところで

出産費用の支払い方も選べる病院でした。

実際、「産後支払制度」を利用した感想は、

出産費用が80万弱だったので、

出産育児一時金が支給されるまでの

3ヶ月間キャッシュがあればお得。

まずはお金面。

出産費用は80万弱、

加えて健康保険に提出する書類の作成費用で5,000円。

これを楽天クレジットカードで支払ったら、

8500ポイント(=8500円)ほどつきました。

出産育児一時金の入金は健康保険によって異なりますが、

私の場合は出産後から3ヶ月後でした。

次に事務手続き面。

病院にて作成した書類と、

実際に支払った額が書かれた請求書を

封筒に入れて、健康保険に郵送しただけ

正直事務手続きは大したことなかったです。

いかがでしたか?

これから子育てでお金がかかることを考えたら、

出産費用でポイントGETもありじゃないでしょうか?

そこの旦那さん、

出産で疲れた奥さんにこのポイントで

プレゼントするのもありではないでしょうか?

それでは~

関連記事

コメント