賃貸でも使える食洗機あるよ

便利家電
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

本日の話題

我が家は賃貸のお家ですが、食洗機を導入しています。
これがきてから手で洗うものは鍋や、少し大きめなお皿のみとなり、時短に一役買っています。
そんな賃貸でも使える食洗機を紹介します。

賃貸でも使える食洗機がある

一般的な食洗機だと食洗機に水を入れる必要があるため、水道の蛇口を特別なものに変更する必要があります。

しかし、賃貸ですと水道の蛇口を変更するとなると大家さんに許可をいただく必要があります。

仮に工事OKとなっても退去時に現状回復工事が必要になり、金銭的な負担が大きくなります。

そういった我が家のような家でも使える食洗機があります。

それがタンク式の食洗機です。

タンク式はその名の通り、食器を洗うの必要な水を予めタンクに入れておく方式です。

これにより水道から水を供給する必要がなくなり、工事が不要となるのです。

ちなみに食器を洗うのに使った水はバケツに出す方式を取ることで、水道の近くに設置をしなくても済みます

でも一つだけ注意を。

アース接続が必要になるため、その電源の近くに設置できる場所を確保してくださいね。

我が家が導入した食洗機紹介

工事不要の食洗機となると「シロカ」さんか、うちが購入した「エスケイジャパン」さんになります。

なぜうちがこの食洗機にしたかというと、コストパフォーマンスです。

公式ページによると、「シロカ」さんは3人分の食器、 「エスケイジャパン」さんは2~3人分の食器が洗えるとなっています。

気になる価格面ですが、「シロカ」さんは5万円台、「エスケイジャパン」さんは3万円台と、大きく差があります。

ランニング電気代は「エスケイジャパン」さんの方にヒーター乾燥があるため、高くなっています。

まとめるとこんな感じです

「シロカ」「エスケイジャパン」
洗える食器量3人分の食器2~3人分の食器
販売価格5万円台3万円
消費電気512W(50Hz)/526W(60Hz)950W

見てわかる通り、正直「シロカ」さんのほうが勝っている面が多いですが、洗える食器量の差が1人前ないことで購入金額で約2万円の差があることを考えると、導入のしやすさとコストパフォーマンスから「エスケイジャパン」さんを選びました

導入した結果

日々の生活は楽になりました。

油ものはサラッときれいになって出てくるは言わずもがなですが、娘の哺乳瓶も楽に洗浄しています。食洗機にいれて高温洗浄してもらい、消毒液につける手間が省けちゃうからです。

日々の生活の一部となっており、食洗機に入ることができる食器を使うようになりました。

面倒な点はやはりタンク式なので、水を入れてセットしなければならない点ですが、タンクが外れるため、タンクにためてからセットという方式も取れます。

でも、残念ながらうちの台所の水道ではタンクの高さが高く蛇口から直接水を入れることができず、バケツで4回ほどタンクに手動で水を入れてます。

もう1点難点があるとしたら容量が少ないところ。

子供が大きくなったら、どうしてもこのサイズだと足りなくなることが目に見えてます。

その時にどこに住んでいるかわかりませんんが、おそらく買い換えることになるのではないかと思ってます。

設置方法について質問があったので、追記します。

我が家の↓のようにシンクの近くに食洗機を設置して、シンクに直接排水してます。

それでは~

追記

2021/5/11 我が家の食洗機設置場所の画像を追記しました

コメント