チャイルドシート ガッチリ系 vs 持ち運び系どっち?

育児
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

本日の話題

子供のチャイルドシートの選び方についてです。
チャイルドシートは新生児から、つまり病院で出産の場合は退院から必要になりますので、事前の準備が必要です。
チャイルドシートが免除される条件もありますので、こちらの記事を参考にしてくださいね。

現在のチャイルドシートはガッチリ系と持ち運び系の2択

我が家の娘が生まれた去年、我が家もチャイルドシートを購入しました。

購入するにあたってはまずは店舗に行って、どんなチャイルドシートがあるのか、実際の品物を確認

その後、ネットで調べてどこで購入するのが安いのかをリサーチといったいつもの流れで購入しました。

店舗に行って気がついたのですが、私が子供の時とは異なりチャイルドシートには2種類あること。

我が家ではがっちり系と、持ち運び系と名付け、議論しました。

ガッチリ系

ガッチリ車の椅子に固定するタイプ。

世の中的には「回転式シート」と名がついています。

メリットは新生児から進行方向で子供を座らせたりできるものや、チャイルドシートが回転するので、乗り降りが楽といったこと。

デメリットはその重さ。14kgくらいあったりします。これがネック。

そして最大のネックは価格。

重さがあるので、いろいろ付属品などがついているので、その分お値段もお高め。

amazonや楽天で見ると、3万5千円くらいします。

加えて、ISOFIX対応車のみ取り付け可能という条件も、ネックになります。

持ち運び系

ガッチリ系とは異なり、持ち運べるように重さが軽減されているもの。

世の中的には「固定式シート」と名がついています。

これは持ち運べるようになっているため、6kgちょっとです。

軽い分、値段も1万5千くらいあったりします。

そして、シートベルト取り付けのため、ガッチリ系とは異なり、車が限定されることはない。

比較結果

ガッチリ系持ち運び系
世の中的な名前回転式シート固定式シート
重さ14kgくらい6kgくらい
価格3万5千円~1万5千~
取り付け方シートベルトで取り付けISOFIX対応の車で取り付け

一つ、補足すると、ガッチリ系、持ち運び系とも、値段とクッション性は比例します。

クッションが多くなればなるだけ、値段が上がります。

店頭に行ってどの程度のクッション性で、値段がどの程度なのか、その塩梅を購入する自分自身で判断したほうがよいです。

我が家が選んだチャイルドシート

冒頭で説明していませんでしたが、我が家は普段車に乗りません。

ただ、はむの実家に帰った時には必要不可欠なため、チャイルドシートを購入しました。

ちょっと駅から遠かったりと車がないと不便なところがあるのです。

そういった背景から自分たちが車を持つことになった場合や、レンタルで車を借りるなんてことも視野に入れて、持ち運びが簡単なものを選びました。

我が家が買ったチャイルドシートはコンビのものなのですが、型がリニュアルされるタイミングで購入したため、現在は販売されていませんでした。

おそらくここにも安く購入できるコツがあると思います。

決算のタイミングで購入することと、型がリニュアルされるタイミングの2つが重なって非常に安く購入できたと考えられます。

ちなみに8月でした。

これから購入する人は8月が狙い目かもしれませんね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ご自身の車ライフを踏まえてどのチャイルドシートを購入するのがよいと思います。

また、補足としては私が出産した病院では退院時に1ヶ月間チャイルドシートを無料でレンタルすることができました。

そういったサービスもありますので、必ずしも購入する必要がないことも頭にいれておくとよいかもしれません。

それでは~

コメント