クアトロ検査って実際どうなの?

出産
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

本日の話題はクアトロ検査

妊婦さんの健診には
自費のオプション検査がいくつかあります。
今回は首都圏の大規模病院にて、
クアトロ検査を受けた生の情報をお伝えします。
クアトロ検査を生意見をまとめたブログは
非常に少ないため、
これから受ける人に役に立てばうれしいです。

医療従事者ではないので、
先生から聞いた話や自分で調べたことを
まとめております。
誤りがあれば訂正ください。

この記事がオススメな人
  • クアトロ検査を受けた生の意見を知りたい人

遺伝子病の発症確率がわかるクアトロ検査

そもそもクアトロ検査って何?

お母さんの血液と、年齢から、
3つの遺伝子病を赤ちゃんが
持っている確率がどの程度あるかを
調べる検査だよ。

クアトロ検査とは

お母さんの血液と、年齢、国籍などから、

3つの遺伝子病を赤ちゃんが持っている

可能性がわかる検査です。

~クアトロ検査にてわかる3つの遺伝子病~

  • ダウン症候群(21トリソミー)
  • 18トリソミー
  • 開放性神経管奇形

この検査気をつけなければならないのは、

確定結果が得られるわけではない

こと。

このため、

クアトロ検査の結果次第で

羊水検査を行い

遺伝子病を持っているのか

確定診断を受ける

ことになります。

ポイント1
  • クアトロ検査とは母体の血液と年齢、国籍などから、3つの遺伝子病を赤ちゃんが持っている可能性がわかる検査
  • 確率検査であり、確定結果が得られるわけではないため、羊水検査にて確定診断を受ける。

クアトロ検査を受ける時期

クアトロ検査っていつ受けるの?
いつでも受けられるものなの?

検査推奨時期は、
妊娠15週から17週頃までだよ。
クアトロ検査の結果をみてから
羊水検査にて確定診断を受ける可能性があるため、
妊娠17週ごろまでに
受けることが望ましいよ。

ポイント2
  • クアトロ検査の検査推奨時期は妊娠15週から17週
  • クアトロ検査の結果しだいで羊水検査を受ける可能性があるため、妊娠17週ごろまでに受けることが望ましい。

クアトロ検査の費用

クアトロ検査はいくらなの?

病院によって異なるみたいだけど、
私の場合は21,000円でした。

クアトロ検査の検査費用について

ネットでリサーチしてみたところ、

病院によって異なる模様。

高いと4万ほどしますが、

2万円から3万円の間が相場の模様。

ポイント3
  • クアトロ検査の費用は病院によって異なるが、2万から3万が相場

クアトロ検査の検査方法

クアトロ検査の検査方法は?
痛い思いするの?
赤ちゃんへの影響はあるの?

試験管1本分の採血のみだったから、
赤ちゃんへの影響はないよ。

クアトロ検査を実際に行う場所が、

私の場合はアメリカでした。

そのため、血液を空輸するための下処理で、

採血後30分程度待機しました。

下処理が失敗したら再度採血になるためです。

この待機時間のため、お会計までの時間が少し伸びましたが、

妊婦さんは様々な検査で採血もされることも多いので、

身体への負担は大したことないと思います。

ポイント4
  • クアトロ検査の検査方法は試験管1本分の採血のみで、赤ちゃんへの影響はない
  • 検査機関への輸送の下処理の関係で、採血後待機時間があることも。

クアトロ検査の結果を受け取るまでの時間

クアトロ検査の検査結果はどの程度ででるの?

1週間で病院から結果が出たよって電話で連絡があったよ。
結果は病院で聞かなければならないので、
電話で結果を教えてもらえることはなかったよ。

私の場合はちょうど1週間で、結果が出ました。

事前に病院から 

「結果が出てるから聞きにきてね」

と電話がありました。

電話では結果を聞くことはできないため、

検査を受けてから

結果を聞くまで2週間弱かかりました。

ポイント5
  • クアトロ検査の結果は1週間ほどで出る。

私の体験談

検査時の年齢は32歳でした。

まだハイリスクではないにしても

20代よりはリスクは考えなければならない年齢です。

もし遺伝病を持っている確率が高いとでた場合は
羊水検査の結果でどうするか決めよう。
でも羊水検査で確定をうけたら、
中絶することができるのだろうか。
羊水検査も一定の流産リスクがあるので、
結果遺伝子病を保持してないとわかっても
流産したらどうしようか。


そんなことを検査結果を受け取るまで悶々と考えた2週間でした。
結果的には「スクリーニング陰性」だったため、

羊水検査を受けていません。

これから受ける人へ、実際に検査を受けた”はむ”からのアドバイスは

クアトロ検査を受ける前に

検査結果有無に関わらず、

どのように対応するのか

決めておいたほうがよい

です。

”はむ”のように悶々と悩む

精神的な問題もありますが、

時間的制約もあるから。


産まないという選択肢をした場合、

中絶ができるのは妊娠22週まで

羊水検査し、確定診断を受けてから決める場合、

検査時期にもよりますが、

悩める期間は2週間ほどと、

ほとんどないのです。

ポイント6
  • 中絶できるのは妊娠22週までのため、クアトロ検査を受けてから羊水検査にて確定診断を受ける場合、検査時期にもよるが悩める期間は2週間ほど
  • クアトロ検査結果有無に関わらず、お腹の子を今後どうするのか事前に決めておいたほうがよい。

それでは~

関連記事

コメント