医療費控除とふるさと納税の併用時にはご注意を

お金
この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

本日の話題は

先日のTweetした
ふるさと納税の失敗話をまとめました。
面倒な手続きも完了したので、
”はむ”と同じ
同じ過ちを繰り返さないでくださいね。

この記事がオススメな人
  • ふるさと納税と医療費控除を同じ年に行う予定の人
  • ふるさと納税のワンストップ特例制度を利用予定の人や、医療費控除を行う予定の人
  • 確定申告での医療費控除申請時にふるさと納税の寄付金控除をし忘れた人

ふるさと納税と、ワンストップ特例制度って何?

そもそも、ふるさと納税って何?

ふるさと納税は日本の自治体を
寄付金という形で応援する仕組み。
応援者は日本各地の名産品を
実質負担2,000円で楽しめるお得な制度なんだ。

ふるさと納税は日本各地の名産品がお得に楽しめる制度。

でも、いくらでもできるわけではないんです。

限度額は収入で決まってます

自分の寄附金額を知りたい場合は

ふるさと納税サイト(さとふるふるなびなど)で

チェックしてみてください。

ふるさと納税はわかったけど、
ワンストップ特例制度って何?

寄付金をして確定申告を行うと、
税金の控除が受けられるんだ。
ふるさと納税の場合は確定申告をしなくても
税金の控除が受けられる制度があって、
それが「ワンストップ特例制度」だよ。

ワンストップ特例制度が誰もができるわけではないことも注意。

~ワンストップ特例が利用できない人~

  • 1年間に合計5自治体を超えてふるさと納税を行った場合(6回以上ふるさと納税を行っても、5自治体以内であればワンストップ特例制度は利用可)。
  • もともと確定申告や住民税申告を行う必要がある人

あとで説明しますが、

もともと確定申告や住民税申告を行う必要がある人。

ここがミソなので、覚えておいてください。

ポイント1
  • ふるさと納税は日本各地の名産品を楽しめる制度。
  • ふるさと納税を行うことで税金控除が受けられ、実質負担2,000円で済む。
  • 税金控除を受けるために確定申告をする必要があるが、ふるさと納税は確定申告をしなくても済む仕組みとして「ワンストップ特例制度」がある
  • ワンストップ特例制度が利用できない場合もあり、もともと確定申告や住民税申告を行う必要がある人は要注意

医療費控除って何?

また知らない言葉がでてきた。
医療費控除って何?

病院や薬局に支払った医療費 > 10万 なら
確定申告をすることで、
税金の控除が受けられる制度だよ。
家族の分も一括に出すこともできるよ。

医療費控除は病院や薬局に支払った金額が

合計10万以上ならば、

確定申告をすることで、税金の控除が受けれる制度。

さらに医療費控除のお得情報としては、

平成29年1月1日から令和3年12月31日までだった

”セルフメディケーション税制”が

令和8年12月31日まで延長されてます。

この制度により

薬局で買える一部薬が医療費控除の対象

になります。

気になる方は

セルフメディケーション税制”で調べてみてください。

”はむ”は去年娘を出産したので、

妊婦健診費用や、出産費用があり、

医療費が高額となりました。

高額になって当たり前なのです。

妊婦さんは健康保険が使えず自費診療になるから。

でも逆に言えば

医療費控除をで必ずお得になります。

やらなきゃ損!

それから生計を一緒にしている

家族医療費は合算できるので、

家族で収入が一番多い人

確定申告で医療費控除をしたほうが、

税の控除額も多くなります。

細かな数字が気になる人は専用のサイトもあるので、

ググってみてください。

ポイント2
  • 医療費控除とは病院や薬局に支払った医療費 > 10万なら確定申告をすることで、税金の控除が受けられる制度。
  • 令和8年12月31日まで”セルフメディケーション税制”により、薬局で買える一部薬が医療費控除の対象
  • 妊婦さんは健康保険が使えず自費診療になるので、医療費控除すべき。
  • 生計を一緒にしている家族の医療費を合算できるので、家族で一番収入が多い人が確定申告で医療費控除をうけたほうがお得。

はむの失敗談:医療費控除とふるさと納税の併用

”はむ”は結局、なんで失敗したの?

ふるさと納税のワンストップ特例を使っていたのに、
医療費控除で確定申告してしまったんだよ。
これによりふるさと納税で受けられる
住民税の減税が受けられなくなってしまったのです。

おまたせしました、”はむ”の失敗話です。

ここまで読んだ方ならなんとなく察したでしょう。

ふるさと納税を利用したのに、

確定申告時に寄付金控除申請を忘れ、

医療費控除しか申請しなかった

のです。

2月に確定申告をし、

払いすぎた税が銀行に振り込まれのが3月。

これで終わったと安堵したら、

5月半ばに住んでいる自治体からのお手紙で

住民税の減税が受けられないという通知が届き、

失敗に気がつきました。

ポイント3
  • 医療費控除とふるさと納税の寄付金控除を行う場合には、ワンストップ特例制度は使えず、確定申告が必要

確定申告失敗しても大丈夫

失敗したけど、挽回の方法はあるの?

確定申告で失敗した後でも、
誤りがあった場合には
「更正の請求」を使えば修正できるよ。
しかも5年以内ならば修正可能なので、
焦って行う必要はないよ。

”はむ”はあせりました。

住んでいる自治体に電話して、

管轄の税務署に電話して、

確定申告した内容を修正する手段を聞きました。

それが「更正の請求」

今回の”はむ”のケースでは、

確定申告時に必要だった書類と

確定申告の修正「更正の請求」では

必要な書類は一緒でした。

ただし、既に税金の払い戻しの「還付」を

受けてしまっていたため、

税務署に直接相談しに行きました。

税務署の方によると、

人によりケースが異なるようなで、

相談しにいくのが一番のようです。

また、確定申告を提出したときに住んでいた自治体と、

現在住んでいる自治体が異なる場合には

税務署内での手続きを簡単にするために

異動届けのようなものを

確定申告時に住んでいた自治体の

管轄の税務署

提出する必要があるよう。

郵送で提出OKなので、

求められた場合は対応を忘れずに。

最後に今はコロナで、

税務署も予約制になっているので、

相談時には注意してください。

ポイント4
  • 確定申告に失敗しても、「更生の請求」によって確定申告の修正が可能
  • 確定申告の修正は確定申告の申請をしてから5年
  • 確定申告によって税金の払い戻しの「還付」を受けていた場合は、税務署にどのように対応するか相談すること
  • 税務署はコロナで予約制なので、忘れずに予約を。

最後に

いががでしたでしょうか?

子供が産まれたこともあり、

医療費控除や、ふるさと納税と

お得なものを利用しようと思ったら、

こんな結果に。。。

来年の確定申告にて

失敗しないように気をつけなければ

と思い記事にしました。

私のような失敗をする人が一人でも減りますように。

それでは~

追記

2021/06/14 引越しした場合の注意書きを追記

関連記事

コメント