西松屋さんのソフトベビーサークルを選んだ3つの理由をご紹介

結婚・出産・育児
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

本日の話題

先日、我が娘のベビーサークルを買いました。
事件があったからです。
この事件がなければベビーサークルを
我が家がすぐに買うことにならなかったでしょう。

この記事がオススメな人
  • 使用しない場合に小さくコンパクトにしまえるベビーサークルを探している方。
  • 頭をぶつけて大丈夫なベビーサークルを探している方。

ベビーサークル購入した理由

引越しで部屋に荷物が散らばっていた
といえどもアレはびっくりしたよね。

あ、アレね。
娘ちゃんが引越しでおいてあった
ダンボールを食べちゃった件ね。
お互いびっくりしてささっと
ベビーサークル買ったもんね。

引越しのダンボールを使って、

ベビーサークル代わりにしていたのですが、

我が娘、ダンボールを食べちゃったよね。

ちょっと2分ほど目を離した瞬間で、

すぐに吐き出させたので大事には至りませんでした。

でも、これはヒヤリハット。

次に大事件が起こるかもということで、

真っ先に調べて購入しました。

ポイント1
  • ダンボールではベビーサークルの代わりにならない。

我が家が購入した西松屋さんのソフトベビーサークル

我が家が買ったベビーサークルは西松屋さんのソフトベビーサークル。

色も何種類かあります。

ここがすごい西松屋さん

我が家が西松屋さんのソフトベビーサークルに決めた理由は3つ。

~西松屋さんのソフトベビーサークルに決めた理由~

  • 頭をぶつけない2つのしかけ
  • 畳んでキャリーバックに収納
  • 価格が安い

他の製品も店頭でみてきましたが、

このサークル作りは単純ですが、

考えられてるとしみじみ思います。

ではでは、

1つずつ説明して行きます。

頭をぶつけない2つのしかけ

このベビーサークルって、
柱以外が素材が布なので、頭をぶつけても痛くないよね。

うん、そうだね。
あと、よく見ると柱がベビーサークルの外にあって、
直接中からはぶつからないような仕掛けになってるんだよね。

このサークルは柱と、柱をジョイントするパーツ以外は

すべてポリエステルで作られてます。

そして、壁になる部分はメッシュになっており、

前が見えるだけでなく、

衝撃を吸収するので

頭をぶつけても痛くないのです。

西松屋さんが考えられているなと特に思うのが、

柱とジョイントの部分。

サークルの中に入ったこどもが

柱とジョイントに直接ぶつからないように、

サークルの外側にくるように設計

されてます。

これで硬い柱とジョイント部分に

頭をぶつけることがない

これはおまけですが

サークルの出入り口になる部分のファスナーは

サークルの中に入っているこどもが

開けられないように外側についてます。

なので、脱出の心配もありません。

ポイント2
  • 柱がサークルの外側に出ており、柱に頭を直接ぶつけない作り。
  • 壁の部分はメッシュになっており、周りが見えるだけでなく、頭をぶつけても衝撃を吸収してくれる作り。
  • サークルの出入り口になる部分のファスナーはサークルの外側についており、脱出の心配もない。

畳んでキャリーバックに収納

このベビーサークルって、
畳んだら小さくなるところもポイントだよね。

73m×30cmの収納袋に入れて
片付けられるところもよいよね。
歳が離れたこどもがいる場合、
上の子が使い終わったあと
しばらく保管となっても場所とらないしね。

このサークル使わなくなったら、

73cm×30cmの袋に収納できます。

後ほど記載しますが、

このサークル組み立てるのが結構面倒です。

なので、

「毎回ちょっと畳んで隅に寄せておく」

ような運用はできないです。

でも、上の子が使い終わって、

下の子はまだ使わないといった

長期間使用しないときは

この袋にしまっておけます。

こどものモノって場所取るものが多いので、

ちょっと片付けたいときに

73cm×30cmの袋で収納できるのは魅力的です。

ポイント3
  • 長期間使用しない場合には73cm×30cmの袋に収納しておける。

お求めやすい価格

このベビーサークル7,000円弱で購入できます。

これよりも小さいサイズならば5000円ほどで購入できますが、

対角143cm×対辺125cm×高さ66cmの大きさですと、

この価格はお安くてオススメです。

我が家の場合、店頭にて実物を確認し、

楽天やアマゾンで最安値を探して購入しました。

ポイント4
  • 対角143cm×対辺125cm×高さ66cmの大きさで7000円弱で購入できるため、お求めやすい価格。

このサークルのここがいまいち

このベビーサークルって、
最後の柱とジョイントを入れるのが大変だったよね。

うん、そうだね。
説明書にも記載があって
ネットの張りを確保するためらしいけど、
正直一人で組み立てるのはしんどいね。

柱をサークルにはめていくのですが、

最後のジョイントに

柱を差し込むのが大変

説明書にも記載があるのですが、

足でジョイントの下を踏んで、

上から下に差し込みます

また、ファスナーの扉を開けておくと、

ネットの張りを和らげることができるため、

差し込むのが楽になります。

でも、一人で最後のジョイントを差し込めず、

はむ、とらの二人がかりではめ込みました。

ポイント
  • 最後のジョイントに柱を差し込むのが大変。
  • 足で床のジョインの下を踏んで、上から下に差し込むと入れやすい。
  • 組み立て前にファスナーの扉を開けておくことでネットの張りを和らげられるため、、最後のジョイントを入れやすくなる。

まとめ

我が娘は引越し中のドタバタの中、一人昼寝をする大物でした。

そんな娘であっても、お昼寝後は暴れて、手がかかって大変だったなか、

安全なサークルを組み立て後はその内で遊んでくれ、

引越しの片付けもはかどりました。

日常のちょっと目を離した瞬間にいろいろ問題は起こるもの。

そんなあなたにベビーサークルはオススメです。

育児が楽になりますよ。

それでは~

コメント